ホーム市施設との連携事業等京都市美術館

ルーヴル美術館展 ―17世紀ヨーロッパ絵画―

ヨーロッパ絵画史上,「黄金の世紀」と呼ばれる17世紀。その多様な側面を,

1.「黄金の世紀」とその陰,2.旅行と「科学革命」,3.「聖人の世紀」と古代

という3つの章に分けて紹介する。フェルメール《レースを編む女》,レンブラント《縁なし帽をかぶり、金の鎖を付けた自画像》,プッサン《川から救われるモーセ》など,ルーヴル美術館の至宝71点を展示します。

日時
6月30日(火)~9月27日(日)
9時~17時
会場名
京都市美術館
料金
大人1,500円(1,400円),高大生1,000円(900円), 小学生500円(400円) ※()内は団体及び前売料金

チケット取扱い

主要プレイガイドで取扱

ヨハネス・フェルメール 《レースを編む女》

京都市美術館コレクション展 第2期

『作家の一言 / 見者の一見、美術館での一会

あなたは,展覧会の会場で放置されたり,過保護にされていませんか?日本でいち早く所蔵品を収集し,現在もコレクションを続ける美術館の名品を通して,作家の領分と見る側の領分から,作品を解体しよう。作家になりたい人,見る達人になりたい人のための展覧会。上村松園,岸本景春,三上誠,八木一夫,清水九兵衞らの作品を展示。

日時
7月11日(土)~10月11日(日)
9時~17時
会場名
京都市美術館
料金
高校生以上500円(400円),小中生300円(200円)
※()内は団体料金

チケット取扱い

展覧会窓口のみ

北脇  昇《変生像観相学シリーズ》

再興第94回院展

日本美術院同人,一般入選作を含む新作日本画約120点を展示します。

日時
9月20日(日)~10月4日(日)
9時~17時
会場名
京都市美術館
料金
大人900円(700円),高大生700円(500円), 小学生以下 無料  ※()内は団体及び前売料金

チケット取扱い

主要プレイガイドで取扱

院展会場風景

京都市美術館コレクション展 第3期

『儚きもの

咲いたと思ったら散っていく桜、霞、霧や虹のような移ろいやすい大気の現象、生命の短い昆虫、光と影が織り成すかりそめの情景など「儚さ」を示唆するモチーフは日本の美術に多く表されてきた。「儚さ」という美の一様相について、所蔵品に表されたイメージを通して探る。村上華岳、池田遥邨、北脇昇などの作品を展示します。

日時
10月24日(土)~1月17日(日)
9時~17時
会場名
京都市美術館
料金
高校生以上500円(400円),小中生300円(200円)
※()内は団体料金

チケット取扱い

展覧会窓口のみ

北脇昇《海上へ》(《浦島物語》より)

ページトップへ戻る